保証人準備で困ったときの助けとなる保証会社とはどんなもの?

家の形のペーパークラフト

保証人になってくれる人がいない!意外と便利な保証会社

マンション

皆さんは家を賃貸するとき保証人はどうしていますか。方法としては主に二種類あります。それは親族などに保証人になってもらうケースと保証会社を利用するケースです。保証会社を利用することに不安を感じる方もいるかも知れませんが、実はいろいろと得するケースがあります。まずひとつ目は、家賃債務保証です。急な出費があったり、急に倒れてしまって一時的に働けなくなってしまった際、貯金があればいいですが、無いと家賃が支払えないなんてことになってしまいます。悪質な未払いの場合、最悪追い出されてしまう可能性も。そんなとき、周りの誰にも知られずに肩代わりをしてくれる方法があります。保証会社に肩代わりしてもらうのです。保証会社と契約をしていると、家賃が支払えない場合、代わりに支払いをしてくれます。もちろんその後保証会社から請求が来ることになるのですが、一時的にはこの方法で乗り切ることができます。2つ目は、入居の審査に通りやすくなるということです。家を借りる際、当然審査があるため、保証人が親族の場合、親族が退職していたり、収入が著しく少ない場合などに審査に引っかかってしまうことがあります。しかし、保証会社を利用することでこの審査に通りやすくなるのです。保証人に困った際にはぜひ、保証会社を利用してみてはいかがでしょうか。

スーツの男性

家賃保証会社を利用するメリットのある事例

アパートやマンション、オフィスなどの賃貸物件を借りる際には、通常だと連帯保証人が必要になります。何らかの事情で家賃が支払えなくなったり滞納したりした場合に、連帯保証人が本人に代わって家賃を弁済する仕組みです。最近はそうした賃貸の仕組みも変わってきており、家賃保証会社を利用することで連帯保証人が不要になる賃貸物件が増えています。家賃保証会社は連帯保証人に代わって家賃滞納時に一時的な支払…

一軒家

家賃保証会社を利用してアパートを借りる方法

一人暮らしを始める場合や引越し先を探す場合にアパートを借りようとしても、連帯保証人がいないために希望する条件の部屋が借りられなかったというケースはよくあります。家賃を確実に払ってほしいアパートの貸主側としては、家賃を払えなくなった場合に立て替えてくれる人がいないと安心して部屋を貸せない事情があるのです。そんな人でも家賃保証会社を利用すれば、連帯保証人なしでアパートが借りられるようにな…

TOP